PURAVIDAcafe

 

ようこそ、PURAVIDAcafeへ。

「PURAVIDA!」=人生を楽しもう!

ここは、人生を楽しみたい人たちのためのコミュニティ

 

様々なイベントを通して、人と繋がり、自然と繋がり、自分と繋がることで毎日を楽しむ。

 

そんな毎日の中に、

自分を知ること。

自分を分かること。

自分を生きること。

自分を生き続けること。

。。。のヒントがあるのかも。

 

「自分の色で、彩りある毎日」を、一緒に創り出そう。

 

ぜひ、カフェメンバーになってくださいね♪

 

 

そのために。

「色」について、少し意識を向けてみるライフスタイルをお伝えしています。

 

色から、私たちは大きな影響を受けています。

光によって生まれて私たちのところに届く色だけでなく、

私たち自身が発している色があり、

私たちがどんな色を発しているかによって、引き寄せるものが変わるのです。

 

だから、色を意識的に扱うことは、人生を意識的に作り出すことにつながります。

「バースカラー」というものを取り入れて、人生に変化を起こしていくことをご提案します。

 

多くの方が、バースカラーを取り入れて、人生に違いを起こし、ホンモノを引き寄せるパワーをアップしています(*゚▽゚*)が、バースカラーを「知った」だけでは宝の持ち腐れ。

この、バースカラーの取り入れ上手の方を、私は彩女♪

と呼ばせていただいております。

高い知識と教養を持つ才女。。。ではなく、自分らしく生き、内側から自分の色が溢れている人たち。

彩女\(//∇//)\

 

これからの時代、そんな人たちで溢れたら、素晴らしい世界になるんじゃないかな---\(//∇//)\

 

そうそう、もちろん男子だって♪

・・・・・。

なんて、ネーミングしましょうか?(汗)

 

大募集(๑≧౪≦)てへぺろ!!

 

2017年

4月

07日

鎌倉、古賀邸

素晴らしいレストランに行ってきました。
ここは、鎌倉駅からすぐ近くの、古賀邸というフレンチレストラン。

ご覧の通りの古い洋館です。

古賀邸は、鎌倉三大洋館のひとつで、旧華族の別荘だったそうです。それを改装し、レストランとしてオープンしたのは、まだ2年前のことらしいです。
続きを読む

2017年

4月

06日

心と体が喜ぶ癒しフェスティバルin宮古島 初☆出展!

6月23日、宮古島で開催される「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に、バースカラーセラピー「てぃんぱう」として出展いたします。

 

宮古島にお住まいの方、タイミング良くこの期間に宮古島に来られる方で、ご興味のある方は、ぜひぜひ足をお運びください♪

 

たくさんのブースが出展される予定ですので、ご自分の興味に合わせていろいろ体験できますよ!

 

てぃんぱうでは、この日のために通常料金よりも少しお得にバースカラーセラピーを体験いただけるコースを設定しました。

さらに、この日に体験いただいた方で、その後バースカラー診断をご希望される方は、その際にお使いいただけるクーポン券もプレゼントいたします。

 

タイミングの合う方は、ぜひご活用くださいね♪

 

 

0 コメント

2016年

7月

14日

ペット or コンパニオンアニマル

あなたのそばにいる動物は…ペット?コンパニオンアニマル?

先日、日頃お世話になっている方にお誘いいただき、動物愛護のための活動のミーティングに参加しました。
私自身も、子どもの頃から家には、犬や猫や鳥や亀や金魚や昆虫がいて、結婚してからもハスキー犬たちと共に暮らしました。
ハスキー犬たちはみんな、数年前に天使になり、今は動物たちがそばにいないせ活なのですが、動物たちがいる暮らしというのは、さらに愛に満ちた潤いあるものです(*^_^*)
ミーティングの中で、日本のペット業界の現状をいろいろ知ることになった訳ですが、そりゃもう、ひどいものです。
ご興味ある方は、検索すればたくさん出てきますので、覗いてみて。
日本は、いわゆるペットに関わる様々なことは後進国で、一番素晴らしいのはドイツです。
しっかりした法律が定められ、ペットたちが法の下に守られています。
もっとも分かりやすいのは、ペットという言葉でしょう。
ペット自体は英語で『愛玩を目的とした動物』のことをさしていますが、玩具ですよ、玩具。おもちゃです。つまりモノです。
法律上、ペットは、もし迷子になったりすると『遺失物』扱い、変質者に殺されちゃったり、交通事故に遭って亡くなってしまったりすると『器物損壊』なんです。
それを前提にされたペット業界がまともな訳はありません。
ペットショップでは、狭いケージに入れられ、売れ残ると『sale』の札がついたりします。
ペットショップでの生体販売ができる国は日本くらいなもので、他国は禁止されています。
売られているのは命です。
命に「sale」とは付けてるのです。
さらに。実際に売れ残ってしまった動物たちがその後どうなるのか?って、想像したことありますか?
それもぜひ調べてみてね。
もちろん全てとはいいません。
良心的な、動物たちを愛してやまない業界の方々もそれはいらっしゃいます。
ですが、ほとんどの場合、動物たちにとって最悪な状況なのです。
命は、儲けの手段なのです。
そんな日本の状況とはかけ離れ、先進国で「ペット」に代わって使われているのが『コンパニオンアニマル』という表現。伴侶です。家族です。
素晴らしい〜
動物たちと暮らしている方もそうでない方も、一度この現実を覗いてみてください。
何が見えるか?
私たち『ニンゲン』という動物の姿が見えてきますよ。
0 コメント

2016年

7月

10日

永遠のアイドル

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

19日

手帳

新しい手帳を準備する季節になりました。

 

みなさんは、手帳や文房具、どんな風に選んでいますか(^O^)

 

私は文房具オタクで、その昔OL時代(そんな時もあったのよ~!)も、会社貸与のボールペンじゃ気分が乗らないので、私物のお気に入りペンを持ち込んでいたタイプでしたが、手帳に関しては、なんと使わない人でした。

 

でも、独立して、能力開発や自己啓発、目標設定などを勉強し始めると、ただの予定表にすぎなかった私にとっての「手帳」の存在が、自分の夢や生きる目的やその時の目標を管理するためのものになり「手帳って!!素敵!!!」ってなりまして(笑)、そう感じたその日のうちに東急ハンズへ。当時知った「7つの習慣」で有名なフランクリンから、ミッションから落とし込み、日々のチェック機能を持つ素晴らしい手帳が出ているということで、一番最初に選んだ手帳は「フランクリン」でした。もちろん、マンスリーとウィークリーとデイリー、すべて揃えました。高級カバーも含めて、トータル2万5千円超えの出費。

 

これが投資だったか浪費だったかが分かったのは1年後。翌年の手帳を、そろそろ準備しようかというこの時期でした。結果、マンスリー以外真っ白(笑)こりゃいかん。。。でも、諦めるのもイヤ。とりあえず高級カバーの元は取らなくては(^_^;)何よりカッコイイ!手帳を持っているだけでわくわくする。

 

そんな訳で、翌年はウィークリーだけやめて再挑戦。しかし。。。結果は同じ。マンスリー以外真っ白。。。

 

3年ほどチャレンジしました。

その閒、もっと簡易的な手帳に浮気しながら。

そこから、何年にも及ぶ私の手帳ジプシー生活が始まります。

 

そのうち、だんだん分かってきたことがありました。

フランクリンの手帳が真っ黒になるくらい書き込みがあったら。。。その時点でもう成功してるな。。。と。

 

つまりただ単に、私の手帳がマンスリー以外真っ白なのは、頭では手帳は自分の人生を管理するもの!って思っていても、使い方はただの予定表だったってこと。

夢や目標達成への行動に落とし込まれていない内容しか書いてないから埋まらないんだ、って。

しかも毎年この時期、その真っ白な手帳は私を責め(笑)、「自分(手帳)なんかいらないじゃん」っていじめる。

追い討ちをかけるように、たまたま読んだビジネス雑誌に「ビジネスで成功する人は同じ手帳を3年以上使っている」と書いてあるし(汗)

 

そこで「とにかく手帳ジプシーを卒業しよう」と、決意。

まずやったのはデイリータイプからの卒業です。

ここで、マンスリーだけにしたらそれこそ予定表でしかなくなっちゃうので、マンスリーとウィークリーの二本立てでいくことにしました。

あれこれ見て決めたのは、その頃にめーーーっちゃ流行ってた「ほぼ日手帳」

それに、Weeksというウィークリー版が出始めた頃でした。

 

それをチョイス。

選んだ理由は、どこに何を書けばよいか、、、程よくガイドがあり、程よく自由だったのです。

そういう見方からすると、フランクリンは「穴埋め問題集」みたいに何をどこに書くかが明確に決まっていたのです。

なので、当時の私のように、ミッションとか、ビジョンとか、夢とかが明確ではない人が使うと、真っ白♪なままになってしまうのですね。

 

で、このWeeks、私には本当に合っていたようで、なんと今年で4年目。

もちろん来年もWeeksを準備しましたので、来年には5年目に突入です!

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

07日

鎌倉、古賀邸

素晴らしいレストランに行ってきました。
ここは、鎌倉駅からすぐ近くの、古賀邸というフレンチレストラン。

ご覧の通りの古い洋館です。

古賀邸は、鎌倉三大洋館のひとつで、旧華族の別荘だったそうです。それを改装し、レストランとしてオープンしたのは、まだ2年前のことらしいです。
お料理も素材の味が活かされた素晴らしいもので、どれもこれも驚きの声が出ました♡

今回は、メインにお魚もお肉もいただけるスペシャルランチをご馳走になりました♩

なぜなら…
お誕生日のお祝いランチ会だったからです♩
あ〜幸せ♡♡♡
私は若い頃から、古民家や武家屋敷、古い洋館などの佇まいが好きで、さらには建物だけじゃなく、お庭やエントランスも美しく整っていて、周りの景色とも融合していたらもう文句なし!で、顔がにやけてしまうくらい好きです(笑)

それは、とにかく私は〝ホンモノ〟が好きだから…なんです。

ホンモノって、本当に美しいんですよ〜
古い建物は建材にホンモノが使われているので、とにかくエネルギーが美しい。
そしてホンモノはなぜか時間が経てば経つほど輝きを増す。 
古くなるのに輝きを増すことに、神秘を感じてしまうんですよね〜

新しくて美しいのとは全く別の美しさが、私にとっては魅力的なんです。

改修するにあたり、新しくしたのは床板と天井だけだったそうなので、窓枠もガラスも101年前のもの。確かに角が取れてたり、サッシじゃないので微妙に風が入ってきたり、鍵がこういう🔑形のネジネジして締めるタイプだったり。
どの子も101歳な訳です。そのひとつひとつのパーツがみんなキラキラしてる!!!

あぁ、あまりの嬉しさについつい熱くなってしまいました(笑)

でもね。いや、ホントに。
使い捨てに慣れてしまった私たち、もっともっとホンモノに拘ったライフスタイルを目指したいって思うんです。

例えば、食べ物ひとつとっても、あまりにもウソモノが多過ぎる。使うものもそう。家もそう。
そういう便利なもの、なくちゃ困りますよ、困りますが。

ニンゲンて、ホントに限度というものを知らない。そこに〝お金〟が絡むと特に。

だから〝どう生きたいの?〟ってところをいつも小脇に抱えていないと、経済活動の流れ100%になってしまって、はっと気付くと身の回り全部ウソモノまみれ。
私はそれが嫌なので可能な限りホンモノを選ぶ。
そんな毎日にしたいと思っているのです。

2017年

4月

06日

心と体が喜ぶ癒しフェスティバルin宮古島 初☆出展!

6月23日、宮古島で開催される「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に、バースカラーセラピー「てぃんぱう」として出展いたします。

 

宮古島にお住まいの方、タイミング良くこの期間に宮古島に来られる方で、ご興味のある方は、ぜひぜひ足をお運びください♪

 

たくさんのブースが出展される予定ですので、ご自分の興味に合わせていろいろ体験できますよ!

 

てぃんぱうでは、この日のために通常料金よりも少しお得にバースカラーセラピーを体験いただけるコースを設定しました。

さらに、この日に体験いただいた方で、その後バースカラー診断をご希望される方は、その際にお使いいただけるクーポン券もプレゼントいたします。

 

タイミングの合う方は、ぜひご活用くださいね♪

 

 

0 コメント

2016年

7月

14日

ペット or コンパニオンアニマル

あなたのそばにいる動物は…ペット?コンパニオンアニマル?

先日、日頃お世話になっている方にお誘いいただき、動物愛護のための活動のミーティングに参加しました。
私自身も、子どもの頃から家には、犬や猫や鳥や亀や金魚や昆虫がいて、結婚してからもハスキー犬たちと共に暮らしました。
ハスキー犬たちはみんな、数年前に天使になり、今は動物たちがそばにいないせ活なのですが、動物たちがいる暮らしというのは、さらに愛に満ちた潤いあるものです(*^_^*)
ミーティングの中で、日本のペット業界の現状をいろいろ知ることになった訳ですが、そりゃもう、ひどいものです。
ご興味ある方は、検索すればたくさん出てきますので、覗いてみて。
日本は、いわゆるペットに関わる様々なことは後進国で、一番素晴らしいのはドイツです。
しっかりした法律が定められ、ペットたちが法の下に守られています。
もっとも分かりやすいのは、ペットという言葉でしょう。
ペット自体は英語で『愛玩を目的とした動物』のことをさしていますが、玩具ですよ、玩具。おもちゃです。つまりモノです。
法律上、ペットは、もし迷子になったりすると『遺失物』扱い、変質者に殺されちゃったり、交通事故に遭って亡くなってしまったりすると『器物損壊』なんです。
それを前提にされたペット業界がまともな訳はありません。
ペットショップでは、狭いケージに入れられ、売れ残ると『sale』の札がついたりします。
ペットショップでの生体販売ができる国は日本くらいなもので、他国は禁止されています。
売られているのは命です。
命に「sale」とは付けてるのです。
さらに。実際に売れ残ってしまった動物たちがその後どうなるのか?って、想像したことありますか?
それもぜひ調べてみてね。
もちろん全てとはいいません。
良心的な、動物たちを愛してやまない業界の方々もそれはいらっしゃいます。
ですが、ほとんどの場合、動物たちにとって最悪な状況なのです。
命は、儲けの手段なのです。
そんな日本の状況とはかけ離れ、先進国で「ペット」に代わって使われているのが『コンパニオンアニマル』という表現。伴侶です。家族です。
素晴らしい〜
動物たちと暮らしている方もそうでない方も、一度この現実を覗いてみてください。
何が見えるか?
私たち『ニンゲン』という動物の姿が見えてきますよ。
0 コメント

2016年

7月

10日

永遠のアイドル

夢のような2時間半。
13歳の時から、聴き、口ずさみ、憧れの眼差しを向けてきた人が目の前に*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
去年から、お友達に誘われて行き始めた聖子ちゃんの武道館コンサート。
テレビやカセットテープ(笑)やCDでしか聞いたことのない歌声を、去年初めて生で聴き、そして今年も☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
それは、去年初めて行った時に衝撃を受けたからです。
何が?と申しますと…
あのままだったから。
声も姿も空気感も…
私の青春時代のあのままだったから。
デビューして今年36周年です。
36年経っても、
変わらないあの声。
変わらない空気感。
36年間、貫き通すそのパワーはどこから生まれるのだろう?
36年前からファンで、初めてコンサートに参加するような人(つまり私ですが( ̄▽ ̄))のイメージすら壊さない、その完璧さは、いったいどこから…。
半端ない!
すごい!
このブレない生き方。
プロフェッショナルとしての生き方。
それに感動したのです。
たぶん、聖子ちゃんがアイドルをしている間は通うことでしょう。
貫くことを、魅せていただくために。
それにしても。
懐かしい歌は二番までちゃんと歌える私もスゴイ(笑)
0 コメント

2015年

12月

19日

手帳

新しい手帳を準備する季節になりました。

 

みなさんは、手帳や文房具、どんな風に選んでいますか(^O^)

 

私は文房具オタクで、その昔OL時代(そんな時もあったのよ~!)も、会社貸与のボールペンじゃ気分が乗らないので、私物のお気に入りペンを持ち込んでいたタイプでしたが、手帳に関しては、なんと使わない人でした。

 

でも、独立して、能力開発や自己啓発、目標設定などを勉強し始めると、ただの予定表にすぎなかった私にとっての「手帳」の存在が、自分の夢や生きる目的やその時の目標を管理するためのものになり「手帳って!!素敵!!!」ってなりまして(笑)、そう感じたその日のうちに東急ハンズへ。当時知った「7つの習慣」で有名なフランクリンから、ミッションから落とし込み、日々のチェック機能を持つ素晴らしい手帳が出ているということで、一番最初に選んだ手帳は「フランクリン」でした。もちろん、マンスリーとウィークリーとデイリー、すべて揃えました。高級カバーも含めて、トータル2万5千円超えの出費。

 

これが投資だったか浪費だったかが分かったのは1年後。翌年の手帳を、そろそろ準備しようかというこの時期でした。結果、マンスリー以外真っ白(笑)こりゃいかん。。。でも、諦めるのもイヤ。とりあえず高級カバーの元は取らなくては(^_^;)何よりカッコイイ!手帳を持っているだけでわくわくする。

 

そんな訳で、翌年はウィークリーだけやめて再挑戦。しかし。。。結果は同じ。マンスリー以外真っ白。。。

 

3年ほどチャレンジしました。

その閒、もっと簡易的な手帳に浮気しながら。

そこから、何年にも及ぶ私の手帳ジプシー生活が始まります。

 

そのうち、だんだん分かってきたことがありました。

フランクリンの手帳が真っ黒になるくらい書き込みがあったら。。。その時点でもう成功してるな。。。と。

 

つまりただ単に、私の手帳がマンスリー以外真っ白なのは、頭では手帳は自分の人生を管理するもの!って思っていても、使い方はただの予定表だったってこと。

夢や目標達成への行動に落とし込まれていない内容しか書いてないから埋まらないんだ、って。

しかも毎年この時期、その真っ白な手帳は私を責め(笑)、「自分(手帳)なんかいらないじゃん」っていじめる。

追い討ちをかけるように、たまたま読んだビジネス雑誌に「ビジネスで成功する人は同じ手帳を3年以上使っている」と書いてあるし(汗)

 

そこで「とにかく手帳ジプシーを卒業しよう」と、決意。

まずやったのはデイリータイプからの卒業です。

ここで、マンスリーだけにしたらそれこそ予定表でしかなくなっちゃうので、マンスリーとウィークリーの二本立てでいくことにしました。

あれこれ見て決めたのは、その頃にめーーーっちゃ流行ってた「ほぼ日手帳」

それに、Weeksというウィークリー版が出始めた頃でした。

 

それをチョイス。

選んだ理由は、どこに何を書けばよいか、、、程よくガイドがあり、程よく自由だったのです。

そういう見方からすると、フランクリンは「穴埋め問題集」みたいに何をどこに書くかが明確に決まっていたのです。

なので、当時の私のように、ミッションとか、ビジョンとか、夢とかが明確ではない人が使うと、真っ白♪なままになってしまうのですね。

 

で、このWeeks、私には本当に合っていたようで、なんと今年で4年目。

もちろん来年もWeeksを準備しましたので、来年には5年目に突入です!

歴代手帳を見ますと、その時のいろいろなことが分かっておもしろいです。

 

例えば。。。この写真を見て一目瞭然なのが、手帳に貼ってあるステッカーですね。

この手帳は元々白無地です。そこに自分でデコしてあるのです。

 

初代2012年のホワイトライン上に貼ってあるのはマスキングテープですが、世界各国の言葉で「ありがとう」と書かれたものです。この頃「言霊」についてや「感謝」に関することをあれこれ知った年でした。

「ありがとう」とい言葉にはものすごいパワーがあるのです。

興味のある方は、江本勝さんの「水は答えを知っている」をぜひ読んでみてくださいね。

 

二代目2013年手帳以降、毎年同じ色のステッカーが貼ってあります。

これは、私のマネーカラー色のステッカーです。

 

2013年にバースカラーを学び、自分の色を知ったんだな~ということがすぐにわかります。

私は単純だ、ということも(笑)

手帳にマネーカラーを使っているのは、夢や目標や、新しい出会いや学びの予定を詰め込む場である手帳は、私にとってそれらが財産だから。

単に「お金」だけじゃなく、学びも予定も「人」という財産があってこそ。素晴らしい出会いと学びの引き寄せのもと、人に喜んでいただき、結果として「お金」が生まれる。

そんな意味を込めて、私の手帳は毎年マネーカラーに彩られているのです。

 

つまり「稼ぎたい」のですよ。

稼いでるってことは、要は人に感謝されてるってことだもの♪

 

みなさんもぜひ、ご自分の手帳選びのこだわりやコツを教えてください♪

昔の私のようなジプシーや、使い方に悩んでいる方のお役にたつかもしれません(*^_^*)

 

0 コメント

2015年

7月

07日

梅シロップ

自然栽培梅をネットでゲットできたので、漬けましたヽ(・∀・)ノ

私はアルコールが弱いので、梅酒ではなくて、梅シロップです。

せっかくの自然栽培梅。

お砂糖ではなくて、甜菜糖で漬けました。


そろそろ良さそうですね~♪


炭酸水で割って飲んだり、かき氷にかけていただく予定(*^_^*)


そして、時代は、無農薬有機栽培。。。ではなく、自然栽培でしょう。

もちろん、無農薬有機栽培も、通常の農薬ビシバシのものよりは良いですが、自然栽培のほうがより自然の形。


自分のカラダは、自分が食べたものでできています。

ホンモノを取り入れればホンモノに、自然なものを取り入れれば自然に、カラダはできていきますね。


ニセモノに溢れている世の中。

可能な限り、ホンモノを探し、見つけ、取り入れることは、彩り女子&男子には欠かせないライフスタイルのひとつだと思います(^O^)

0 コメント